二重通気断熱 WB工法について

◆工事風景 一例 ※クリック/タップで拡大表示

工事風景

断熱を追求していくと隙間を無くし断熱性能を上げて行く事に成ります。

気密にしていくと空気の流れを止める事につながります。

それでは空気が汚れて籠ったままになり室内環境の悪化になります。

そのため、シックハウス症候群なる現象に見舞われてしまう訳です。


そこで重要になってきたのが必要換気量です。

自然換気から機械換気へと進んで来ました。

必然的に電気使用料は増加となり、尚且つ、換気装置のメンテナンス料金も後に発生してしまい、漏エネの要因になります。


また、機械装置を入れてあるからと安心なわけではありません。

部屋の隅では汚れた空気が淀んでいます。

機械が止まればすぐに室内環境は悪化の一途です。


これらの問題を解決するのが二重通気WB工法です。


トリプル壁体・ペアー断熱通気工法で健康と省エネを両立させています。

それが呼吸する家、通気断熱WB工法という事に成ります。

それは熱感知式合金自動開閉装置、空気滞留扇、省エネヨドマーズの取り付けにより、部位段階的に家の断熱、結露防止、室内温度差の解消、冷暖房費の削減、省エネ低コストな上、しかも簡単な工事で実現します。

吸湿素材を天井や壁に使い、壁の中を通気させることによって家全体が呼吸をします。

すなわち夏は自然換気で涼しく、冬は気密高断熱で暖かく、家が呼吸するので調湿能力が高く化学物質がこもらない仕組みに成っています。

生活の中で生まれる湿気、臭い、化学物質をこもらせずに淀んだ空気を追い出し、心身ともに健康で暮らせる家と成っています。


度重なる実験結果で実証されたシックハウス症候群を引き起こさない家、自然に一番近い省エネ健康住宅、それが、二重通気断熱WB工法です。

ぜひWB工法を導入して頂きまして、空気生き生き住宅で健康ライフを満喫して頂ければと思います。