地盤調査・地盤改良工事

◆工事風景 一例 ※クリック/タップで拡大表示

地盤改良工

地盤調査の重要性

地盤調査とは、建物を建てる上でその土地の荷重や沈下に対する強度を調べることです。


家を建てるにあたって、建物自体に充分な耐震強度があっても、地盤が軟弱では建物の重さに耐えかねて家が傾いてしまいます。

傾きは家全体のバランスを損ない、家の佇まいが歪んでしまいます。

傾きによる歪みは窓やドアの開閉を阻害するだけでなく、やがては基礎にまで影響を与えヒビが入り強度の低下などを招き、家の崩壊を助長しかねません。


そうならないために、地盤調査によりその土地の地盤が建築物を安全に支えるために不十分であると判断された場合、地盤改良工事による補強が必要となります。


家を建てる土地やその地域の地盤がどのような性質なのか、見た目や踏みしめた感触からでは到底判断できません。

建物の規模や周辺の地質によっても必要地耐力地盤の耐力。
地耐力が大きいほど地盤は固く、重い建物を支えることができる。
は変わってきます。

安心して暮らすためには、その土地、その建物に合った地盤改良の方法を選択しなければなりません。


地盤の改良の方法は地盤調査の結果に応じて表層改良セメントで地表面を締め固める方法。
施工が簡単であり短工期。
施工が浅い場合は比較的安価。
柱状改良地中にセメントの柱を作り、建物を支える方法。
安価で最も一般的。
鋼管杭圧入工法鋼管により地中から建物を支える方法。
鋼管の材料費は高いが高品質な工事。
など、その他、多種多様なる方法があります。

現在ではどの地域においても地盤調査が行われていて、その試験データは豊富に集まり、資料化され、家を建てる土地の周辺の状態からも判断が出来るようになった結果、より適した地耐力判断と改良方法の選択ができるようになっています。


これからの家造りに地盤調査は必要不可欠かと思います。

弊社では、地盤調査をするにあたり、建物の規模や使用用途、その土地の状況などを元に、最も適した調査方法をご提案いたします。

そして、すべての家に対して試験を行い、試験結果から土地の周辺状況や過去の災害状況なども踏まえ、その場所に適した地盤改良の方法を見出し、生命財産を守るべく末永く安心安全に住まえる家造りをお届けしたいと思います。